FC2ブログ

分泌液中の主要な免疫グロブリンはどれか。

分泌液中の主要な免疫グロブリンはどれか。

1.IgA
2.IgD
3.IgE
4.IgG
5.IgM


IgM は、免疫反応の最初に出現する抗体であり、補体結合能があり5量体を形成するため最も分子量が大きい。
IgGは次に現われ、補体系を活性化したり、マクロファージに結合して貪食されやすくする。
IgAは血中にも存在するが、外分泌液中の主要な免疫グロブリンで、腸上皮や気管支上皮などから分泌され、粘膜表面の感染防御に役立っている。
IgEは主に腸管や気管のリンパ組織で作られ、アレルギーに関与する。
IgDは血液中に微量しか存在せず、補体結合性に欠くことが特徴である。

解答:1
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

山中 敏也

Author:山中 敏也
年齢はかなりいってますが、会社が倒産したことを機に思い切って学校へ入学しました。自分が体を壊したことがあるので、医療には興味があり、独学でも色々なことを学びましたが、学校へ入学してビックリ!膨大な知識を記憶しなくてはならない。悪戦苦闘した4年でしたが、あともう少し国家試験に突入!