FC2ブログ

コーネル・メディカル・インデックス(CMI)について

コーネルメディカルインデックスとは、ブロードマンBrodmannらによって、心理的健常者群と神経症者群を判別するために作成された、質問紙法による人格検査です。
 
ミネソタ多面人格目録の質問よりもさらに臨床医学的色彩が強い検査で、身体的自覚症状と精神的自覚症状両面から、心身の症状を見付けることを目的としています。
 
コーネルメディカルインデックスの質問紙は、身体的自覚症状の、「呼吸器系・心臓脈管系・神経系・疲労度・疾病頻度・既往症・習慣」などの12尺度144項目と、精神的自覚症状の、「不適応・抑うつ・不安・怒り」など6尺度51項目からなっています。
日本版のコーネルメディカルインデックスでは、男性用16項目と、女性用18項目が追加されています。
 
身体的自覚症状を縦軸に、精神的自覚症状を横軸にとった「神経症判定図」を用いて、グラフの値から神経症の程度(Ⅰ~Ⅳ)を判定します。
正常者と神経症患者の間には明らかな差が検出されるとされます。
 
顕在性不安検査と並んでこの検査は、カウンセリングの初期や職場や学校での精神衛生管理などで、精神的および身体的な異常を早期に発見できる手段として、広く利用されています。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

山中 敏也

Author:山中 敏也
年齢はかなりいってますが、会社が倒産したことを機に思い切って学校へ入学しました。自分が体を壊したことがあるので、医療には興味があり、独学でも色々なことを学びましたが、学校へ入学してビックリ!膨大な知識を記憶しなくてはならない。悪戦苦闘した4年でしたが、あともう少し国家試験に突入!