FC2ブログ

変形性関節症の病理所見で誤っているのはどれか。

変形性関節症の病理所見で誤っているのはどれか。

1.関節軟骨の光沢が増す。

2.関節面周囲では軟骨が肥大する。

3.関節軟骨の亀裂を生じる。

4.軟骨下層の骨組織が露出する。

5.Weichselbaum 窩を形成する。
解答:1

変形性関節症の病理所見は、

肉眼的には関節軟骨の光沢の消失
乳白色混濁、黄色顆粒状を呈する。

関節面周囲では軟骨が肥大し、円堤を形成する。

組織学的には、初期には関節軟骨の軟骨細胞が増生し、
多数の軟骨細胞を容れた
ヴァイクセルバウム(Weichselbaum)窩を形成する。

病変が進行すると摩耗と破損により亀裂を生じる。

軟骨の剥離が生じると軟骨下層の骨組織が露出し、
線維化をともなってくる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

イケない関係

20c8wEn6
イケない関係って、興奮しませんか…?
ムラムラしてきちゃうの…
http://97p92u3C.1.mmm8.org/97p92u3C/
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

山中 敏也

Author:山中 敏也
年齢はかなりいってますが、会社が倒産したことを機に思い切って学校へ入学しました。自分が体を壊したことがあるので、医療には興味があり、独学でも色々なことを学びましたが、学校へ入学してビックリ!膨大な知識を記憶しなくてはならない。悪戦苦闘した4年でしたが、あともう少し国家試験に突入!