FC2ブログ

PULSESは10項目からなり、要介助・自立の基準があり、総得点は最高100、最低0である?

2007年第1回共通問題65 
リハビリテーション医学>活動制限(能力低下)の評価とリハビリテーション

ADLの評価法について正しいのはどれか。

1.バーセルインデックスは、18項目からなり、総得点は最高126、最低18である。
2.FIMはセルフケア、移乗を詳細に評価する点、コミュニケーション及び社会的認知項目が含まれる点が特徴である。
3.PULSESは10項目からなり、要介助・自立の基準があり、総得点は最高100、最低0である。
4.カッツ・インデックスは、17項目を0点(全介助)から4点(完全自立)までの段階で評価する。
5.ケニー身辺インデックスは、6項目を機能的に自立しているか、依存しているかで評価する。

続きを読む

スポンサーサイト



検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

山中 敏也

Author:山中 敏也
年齢はかなりいってますが、会社が倒産したことを機に思い切って学校へ入学しました。自分が体を壊したことがあるので、医療には興味があり、独学でも色々なことを学びましたが、学校へ入学してビックリ!膨大な知識を記憶しなくてはならない。悪戦苦闘した4年でしたが、あともう少し国家試験に突入!