FC2ブログ

心周期の問題

心臓の機能的活動について誤っているのはどれか。
1.1回の拍動の時間経過を心周期という。
2.弛緩期は心室容積が一定である。
3.流入期は心房から心室に血液が流入する。
4.緊張期は心室容積が増大し心室内圧が上昇する。
5.駆出期は動脈弁が開き血液が動脈に拍出される。

続きを読む

スポンサーサイト



視床下部の機能として正しいのはどれ

2010年第3回共通問題24 
視床下部の機能として正しいのはどれか。2つ選べ。

1.排尿中枢
2.体温調節中枢
3.摂食中枢
4.呼吸中枢
5.循環中枢

続きを読む

筋の構造と機能について

筋の構造と機能について誤っているのはどれか。

1.正常な骨格筋細胞の核は細胞中心部にある。
2.横断像では筋線維は規則正しい横紋を有する。
3.ATPase染色により筋線維を染め分けることができる。
4.I 型線維は長時間収縮することができる。
5.II 型線維は疲労しやすい。

続きを読む

骨とビタミン

骨に関するビタミンの作用としては、次のようになる。

ビタミンCは、骨形成促進。

ビタミンAは、骨芽細胞活性化する作用がある。

ビタミンDは、骨形成促進、血中のCa濃度上昇作用、
腸管よりCa吸収促進、破骨細胞性骨吸収抑制の作用がある。
また、ビタミンDの不足によって骨の石灰化ができない状態を、
骨軟化症という。 

ビタミンEは、骨芽細胞によるコラーゲン合成に関与する。

ビタミンKは、骨形成、石灰化促進、骨蛋白質の合成に関与する。

レム睡眠 脳波 睡眠

nonREM睡眠期は、stage1~4の4段階に分けられる。

睡眠紡錘波はstage2を決定付ける脳波である。
睡眠紡錘波はnonREM睡眠時の脳波に見られる12~14 Hzの波で、
律動的に連続して出現し、それが紡錘の形に似ている脳波パターンをいう。

通常、α波は、頭頂葉・後頭葉優位に出現し、
特に後頭葉において振幅も大きく、出現頻度も高くなる。

REM睡眠は、逆説睡眠ともよばれ、総睡眠時間の15~20%を占める。
特徴は、急速眼球運動が現れ、脈拍・呼吸・血圧などの
自律神経機能が不規則に変化する。

ただし、身体の抗重力筋、姿勢筋の緊張がほとんどなくなり、身体の休息状態とされている。
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

山中 敏也

Author:山中 敏也
年齢はかなりいってますが、会社が倒産したことを機に思い切って学校へ入学しました。自分が体を壊したことがあるので、医療には興味があり、独学でも色々なことを学びましたが、学校へ入学してビックリ!膨大な知識を記憶しなくてはならない。悪戦苦闘した4年でしたが、あともう少し国家試験に突入!