FC2ブログ

急性ジストニアを生じやすい向精神薬はどれか

急性ジストニアを生じやすい向精神薬はどれか。
1.気分安定薬
2.抗不安薬
3.抗痴呆薬
4.抗精神病薬
5.抗てんかん薬

続きを読む

スポンサーサイト



アンビバレンス(両価性)

両価感情ともいう。ひとつの物事に対して、逆の感情を同時にもつこと。例として、ある人に愛情を感じる一方で憎しみも抱く、食事をしようと思う一方で食べないようにしようと思うなど。精神分析の用語であり、統合失調症の代表的な症状のひとつ。

モルヒネ、マリファナ、交叉耐性について

1.モルヒネ中毒では幻視が出現しない。

2.マリファナなどの大麻は、精神依存はあるが、身体依存はない。

3.振戦せん妄では見当識が障害される。
  振戦せん妄の症状は、失見当識・幻視(小動物)・Liepmann現象である。

4.抗酒薬であるジスルフィラムは、アルデヒドの酸化を阻害し、
  アルデヒド中毒(二日酔いの状態)として作用する。

5.交叉耐性とは、ある薬物で耐性ができると同時に、
  別の薬物にも耐性がみられることである。
  アルコールとバルビツール酸の交叉耐性は有名で
  「酒飲みは麻酔が効きにくい」と言われている。

てんかんについて2

てんかんについて正しいのはどれか。

1.ミオクロニー発作では意識障害は伴わない。

2.定型欠神発作は女性より男性に多い。

3.強直間代発作は部分発作に分類される。

4.West症候群の発症年齢ピークは思春期の頃である。

5.乳幼児けいれんは上半身のみに強直けいれんがおこる。

続きを読む

統合失調症の症状

統合失調症の症状はどれか。2つ選べ。

1.思考察知

2.行為心迫

3.離人症

4.貧困妄想

5.粘着

続きを読む

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

山中 敏也

Author:山中 敏也
年齢はかなりいってますが、会社が倒産したことを機に思い切って学校へ入学しました。自分が体を壊したことがあるので、医療には興味があり、独学でも色々なことを学びましたが、学校へ入学してビックリ!膨大な知識を記憶しなくてはならない。悪戦苦闘した4年でしたが、あともう少し国家試験に突入!